スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの日に考える(後編)

私のルームメートは、毎週日曜の朝の礼拝も欠かさないような人なので、
この日の礼拝も当然参加しているのだろうと思っていたら、
家に帰ると外出した気配もないので少しびっくりしてしまった。

聞けば、去年は参加したのだけど、あまりの人の多さに今年はやめたとのこと。


私が今しがた礼拝に参加してきた話、少し居心地の悪さを感じてしまった話をしたら、
「どうして行ったの?」と、逆に訊ねられてしまった。
優しい人なので、責める意図がないことはわかっているのだけど、
私はなんて答えたらいいのかわからなくて、ちょっと困ってしまった。

”キリスト教をベースとした、欧米人の考え方や文化に興味がある”
それが私の答えなのだけど、とっさに答えることができなかった。
なにより「興味がある」なんて言っていいものだろうかと思ったから。

私も含めた日本人の多くは、24、25日はクリスマスを祝い、
31日は寺で鐘を突き、1月1日は神社に初詣に行く。
それぞれが宗教、信仰というよりは、行事とか習慣、風習の一つになっている。
そういう雰囲気の延長で教会に行ってしまったけど、
ここアメリカでそれは少し軽率だったのかなぁと。

というわけで、9時からのTongan Choir(トンガ式)と深夜からのHawaiian Choirは
いかにもハワイならではという感じで本当はとても興味があったのだけど、
行くのをやめることにした。

-------------------
数日後、学校で先生と話す機会があった。彼は元神父と聞いている。
(神父か牧師かは確かでないけど・・・。)
「クリスマスはどう過ごしたの?」と聞かれたので、同じような話をした。
彼曰く、「僕が日本で神社や寺にお参りに行った時も、
作法がわからず同じような気持ちがしたけれどお参りしちゃいけないことはないでしょう。
だからいいんだよ。」とのことでした。
ちょっと気持ちが楽になった一言でした。

スポンサーサイト

comment

Secret:

Blog SEARCH
POSTS & COMMENTS
TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIEVES
09  08  07  09  07  04  03  02  01  09  08  07  06  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
CALENDAR
RSS LINK
QR Cord
QR
WEATHER @Honolulu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。