スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立記念とか、写真とか。

7月4日はアメリカの独立記念日。
米国各地で花火が打ち上げられたりと、お祝いムードでいっぱいだった様子。

ホノルル近郊では、前日3日のアロハ・タワーと
4日のアラモアナ・マジック・アイランドで花火がありました。
オアフ島では他に、パール・ハーバーやカネオヘなど主に軍関係の施設で
大きな打ち上げ花火が見られたようです。

ハワイの場合、アメリカ「からの」独立を目指して活動している人たちもいます。
そういう背景もあってか、独立記念日のフィーバーぶりは、
メインランド(米国本土)に比べると若干地味かも、という話を聞いたことがあります。
花火を見に来ている人たちを見る限りでは、皆さん大いに楽しんでいるようでしたが。

  --------
ちょっと脱線してしまいますが、この "Mainland" という言葉も、
Main と Sub の関係を表しているようで嫌がる人もいると聞きました。
(まあそうは言っても、みんな普通に Mainland と言ってますけどね。)
これに代わる言葉、授業中に出てきたんだけど、メモを取る間もなく忘れちゃった。
  --------


さて、話は変わって。
私はこの夏、短期ですがアダルト・スクールで Photography のクラスを取っています。
3日は Field Trip として、クラスの皆さんと Aloha Tower Marketplace へ
"Fireworks Photo Shooting" にやってきました!

私のクラスは一応初心者クラスってことなんですが、
半分以上の皆さんは立派なカメラや三脚をお持ちで、
この日も場所取りや準備に余念がありませんでした。
花火は撮る機会が限られているし、撮影が非常に難しいため、
カメラ好きの間では最高に燃えるイベントだということを、この日実感。
気がつけば、オアフ島中の写真愛好家が集結か!?という感じで、
一番のビュー・ポイントには立派なカメラを持った人たちが集まっていました。

花火撮影には三脚が必須なんだそうですが、あわてて買うのもいやだったので、私は三脚なし。
なので、特に準備もなし。花火が始まるまでの3時間あまり、
写真マニアのおじさんたちと談笑するのはきっと話がもたなそうだし、
なによりも太陽が傾き沈む、一日で一番美しい時間を写真に収めたくて、
ほろほろとマーケットを歩くことにしました。

20080703113_1.jpg

この日も蒸し暑く、時折小雨がぱらつく天気。
おかげでちらっと虹が見えました。No Rain, No Rainbow.



こちらの大道芸人さん、Hula Brother にそっくり!気さくでいい人でした。
ジャグリング、友人の結婚式の余興用に練習したっけなぁ。
この日は一般の方も、星条旗柄の服を着る人が多かったです。

20080703149_1.jpg

雲一つない空よりも、雲の多い空の方が、夕焼けの照り返しが美しいのよね。
この日は雨雲のせいか、よけいにドラマチック。

20080703190.jpg

こんな灯りを見ていると、ウキウキしてくるのはなぜ~。
ここ Aloha Tower Marketplace は実はちょっとした穴場で、
いつもは人が多くなくて(「少なくて」という方が正しいか)、
Open Air でまったりビールを飲むには最高なんす。この日は飲まなかったけど~。

20080703196.jpg

各レストランやセンター・ステージにもミュージシャンの演奏があふれ、
大いに盛り上がっておりました。
花火直前には、Jake Shimabukuro の演奏もありましたよん。

案の定というべきか、この日はうまく花火の写真が撮れなかった。
この日は、ってことは?・・・ということで、独立記念日に続きます。(たぶん)

(予約投稿記事)
スポンサーサイト

comment

Secret:

Blog SEARCH
POSTS & COMMENTS
TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIEVES
09  08  07  09  07  04  03  02  01  09  08  07  06  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
CALENDAR
RSS LINK
QR Cord
QR
WEATHER @Honolulu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。