スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tiare Tahiti

P1060285_convert_20090801025550.jpg

Tahitian Gardenia, Tiare māori / Tiare tahiti (学名 Gardenia taitensis


通称「ティアレ」と呼ばれることの多いこのガーデニアの花は、南太平洋の島が原産。
タヒチをはじめとする島々で愛されている花です。
とても甘くていい香りがするのに、同じく外来の花であるプルメリアに比べて
ここハワイでは目にする機会がぐっと少ないのは、レイであまり使われないからかなあ。
それでも、いつも気にして花を眺めていると、意外と身近なところに咲いています。

タヒチアンのクラスの一人が庭に咲いているティアレの花を摘んで持ってきてくれるので、
皆で耳に載せて踊ると、ほのかに甘い香りが漂います。
特にアフロア(ゆっくりとしたテンポの曲)を踊る時は、
こういううっとり感を五感でも感じられると、さらに気持ちいい。





実際、大きく開く花びらと適度な長さの花柄(かへい)を持つこの花は、
レイにするより耳に載せるのにちょうどいい。
踊りの中でもしばしば見られる、少し高い位置から花を摘んで耳の後ろにかける所作は、
タヒチの人々の日常の風景なのでしょう。


さて、最初にこの花のことを「ティアレ」と呼ぶことが多いと書いたけど、
"tiare"自体はタヒチ語で「花」の意味。つまりハワイ語だと"pua"なわけです。
なので、どんな種類の花でも"tiare"ということになる。

なかでも特に人々に愛されるこの原生の花には島の名前をつけてTiare tahiti (タヒチの花)、 
他の南太平洋の島でも同様に、Pua samoa (サモアの花)やSiale tonga (トンガの花)などと呼ぶようです。



スポンサーサイト

comment

Secret:

Blog SEARCH
POSTS & COMMENTS
TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIEVES
09  08  07  09  07  04  03  02  01  09  08  07  06  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
CALENDAR
RSS LINK
QR Cord
QR
WEATHER @Honolulu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。