スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月の夜

昨夜はとても幻想的な満月を見ることができた。

幻想的と言いつつ、非常に現実的な例えで申し訳ないけれど、
オレンジ色に近い、健康な(または高級な)卵の黄身といった色合いの、まんまるででっかいお月様。
(アメリカのスーパーで売られているケミカルで貧弱なレモン色した卵の黄身のことは、
この際忘れることにして。)

台風の影響か、分厚い黒い雲と強い風が月をすっぽり隠しては見せ、隠しては見せを繰り返し、
雲に反射して万華鏡のように形をころころと変えながら空に広がる光の不思議な光景に、
なかなか目を離すことができなかった。

この日の練習ではストローカー(カヌーの1番シート)を指名されたのだけど、
風がとても強くて、腕がしびれそうだった。
練習が終わってチームメイトたちが早々に立ち去った後も、
しばらくコンクリートの輪留めに腰をかけて、月を眺めながらゆっくりと呼吸を整えた。

美しい空を眺める時、一人ではなく誰かと一緒にシェアできたらもっと良かったのに、と人は言うけれど、
一人の時の方が、隣にいない誰かをよけいに想うこともあると思う。
離れた場所から同じ月を眺め、お互いを想う。
いい関係を築くのに必要な時間と距離かもしれないなと感じた。





余談ですが。

浴衣を着た3人組の少し年配の日本人観光客が近くを通ったので、
「満月ですよー。」と日本語で話しかけたら(やっぱり誰かと共有したかった)、
日本語の上手なローカルと思われたようで、「サ、サンキュ」と逃げるように去られてしまった。
あんまり色が黒いのも、こういう時にちょっとさびしいね。




スポンサーサイト

comment

Secret:

返事が遅くなってごめんなさい!

私もゆっくりお話しできて楽しかったです。
人がたくさん集まるところは少し苦手なんですが、この日はとても気楽に楽しく過ごせました。

私が見た満月は思い切りワイキキのシティー・ビューが背景でしたが(それはそれでよかったですが)、
ビーチで眺める満月はまた格別でしょうね。

Akoさんでも日本人に話しかけるとびっくりされちゃうんですね。
Akoさんはフランスのお人形さんみたいだから、私とは違う意味で日本人離れしたお顔立ちなのかも。
(私の場合は南洋系(沖縄や東南アジア)の人とよく間違われます。)

先日はお久しぶりにお話ができて楽しかったです。

私はモクレイアとマカプウから2度満月(正確にはマカプウのときは満月ではなかったけど)を楽しむことができて幸せでした。

私も知らない日本人に話しかけたらすごくびびられました。
これは日本人の性質なんだと割り切るしかないですね。
Blog SEARCH
POSTS & COMMENTS
TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIEVES
09  08  07  09  07  04  03  02  01  09  08  07  06  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
CALENDAR
RSS LINK
QR Cord
QR
WEATHER @Honolulu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。