スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plumeria Curtain

P1070014_convert_20090828151832.jpg


あまり実感がないけれど、ho'ike(発表会)からもうすぐ2週間がたとうとしている。

今回のホイケの一番のヤマと言ってもいいと思うのだけど、
アンティ マイキ(Maiki Aiu Lake)のプルメリア・カーテンを再現したいという
クムの夢をかなえるべく、ハウマナ一同がんばりました。

レイ作りそのものは、レイ針を使うKui Pololeiでとてもシンプルだけど、
それでもこれだけの長さ、本数を限られた時間の中で作るには工夫がいる。
この日のキラウエアは雨が降ったり、急に暑くなったりで忙しく、
そういった移動も含めてチームワークがよく発揮されたと思うし、なによりとても楽しかった。
(ここが一番大事だよね。)

このプルメリア・カーテン作りの工程で一番大変だったのは、やはり花の確保。
プルメリアの花はとても繊細で、摘んでからそれほど長くは持たないし、
ハワイ島では(栽培園をのぞく一般の庭先では)ほとんど見られないため。
オアフ島でもこの種は今年は花が少なく、かなり苦労して摘んだ上で分担して運んだものの、
時間の経過のため花弁が裂けやすくなっていて、残念ながらレイとして使えない花も多かった。

そんな苦労もあったけど、なによりクムの夢が叶って本当によかった。
この夢の前提にはkupuna(ここでは「祖先」)であるhula master、Auntie Maikiへの敬意があるし、
それをmo'opuna(子孫)である私たちとシェアすること、
それが未来につなげるための彼のメッセージなんだと思う。




P1070015_convert_20090828152025.jpg


そして今回に限らずよく感じることだけど、hulaというのは単に舞踊の一種として捉えるのではなく、
共同体のあり方とか、祖先に対する敬意とか、子供たちに対する伝統の伝え方とか、
ハワイの人たちが長く守り続けてきた生活、文化の一つの形なのだなと。

それゆえ、フラの世界からだけで感じる、伝えていくのは難しいと思うこともある。
幸い、私の周りにはたくさんのkumu(先生)がいる。クムフラだけでなくハワイ文化に関する先生たち。
格好つけるわけではないのですが、そういったクムたちの声に真摯に耳を傾けることが、
今の私に与えられた仕事だと思っています。




スポンサーサイト

comment

Secret:

>アンナちゃん

元気そうで良かった!
ほんと、ハワイじゃないとこんなことできないよね。
贅沢に楽しませてもらって、プルメリアにも感謝。

久し振り!!
しばらくパソコン見られなくて、久し振りに覗いたらたくさん更新されててあせったv-237
今、全部読み終えました!
それにしてもすごいプルメリアだね!!
こんなことは日本では絶対に出来ないことだから、羨ましいわ!
あとでメールするね!
Blog SEARCH
POSTS & COMMENTS
TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIEVES
09  08  07  09  07  04  03  02  01  09  08  07  06  04  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
CALENDAR
RSS LINK
QR Cord
QR
WEATHER @Honolulu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。